在宅ワーク,オンラインワークス

気軽に頼める仕事・専門性の高い仕事を在宅ワークに任せたい!

働き方改革といわれるようになってから、残業時間を減らす、DXを導入して効率化を図るといった企業が増えてきています。

また、人手不足から多くの仕事を抱え込む人も増えています。

時間当たりの労働時間が高い社員が行うよりは、安い労働力の在宅ワークに依頼することで仕事の効率化が図れます。

 

 

在宅ワークと在宅勤務の違い

 

在宅ワークと在宅勤務の違いって分かりにくいですよね。

 

そこで、2つの違いについて説明します。

 

在宅ワークは、個人事業主やフリーランスが自宅で疎ごとを行うことです。

在宅勤務は、会社員が自宅で仕事をすることです。

 

このように厚生労働省の定義では、明確に分けられています。

 

在宅ワーカーが増えている理由

 

働き方改革が一つ御理由ですが、加速したのは新型コロナウィルス感染症の流行です。

 

それに伴なったZoomなどの通信ツールの普及も大きな要因です。

 

この背景により個人が自宅で働くようになりました。また、仕事と生活を調和させることができる働き方として普及しています。

 

在宅ワークを始めた理由は、

都合のよい時期、時間に働けるが1位で54.6

スキルや趣味を活かした仕事がしたいが2位で40.8

自分がやった部bbだけ報われ、働き甲斐があるためで25.9

 

在宅ワークを始める理由はそれぞれですが、確実に増えてきています。

 

 

通信環境が整った

 

在宅ワークに必要なのは、パソコン、プリンター、作業スペースはもちろんのこと、何といっても通信環境です

 

Zoomなどのリモートソフトの普及や通信の速度が上がったことが、在宅ワークを促進させました。

 

女性のライフワークへの対応

 

結婚や出産で働けなくなった優秀な女性が多くいたことです。

 

彼女たちは、在宅ワークが普及したことで家事・子育てと仕事を両立させることができるようになりました。

 

この傾向は、増々増えると思われます。

 

フリーで独立する人の増加

 

職場での人間関係に悩まされて退職し、その後フリーとして仕事をする人も増えています。

 

その理由は、働き方改革の影響、フリーランスの支援サービスが増えたこと、ITを使える人材が不足していること、働き方の価値観の変化があげられます。

 

内閣府によれば、2020年5月時点のフリーランスの人口は、本業が214万人、副業が248万人です。

 

フリーランスの人口は、急増していますが欧米諸国と比べるとまだまだ少ないのが現状です。

 

 

在宅ワークでできる仕事

 

在宅ワークでできる仕事を紹介します。

 

営業・事務サポート

 

資料作り

資料作りとは、企画書や会議の議事録、会議資料、データ集計、アンケート集計などパソコンを操作して、営業や事務の仕事をサポートします。パワーポイントやエクセルが使えればできる仕事です。

 

データ入力

決まったところにデータを入力したり、システムを入れ替えたためにデータを移し替えたりする仕事です。

 

文字起し

音声データや映像のデータを文字に起こす仕事です。

 

アンケート集計

アンケートの結果をエクセルやアクセスにまとめる仕事です。

 

帳簿整理

帳簿へのデータ入力、集計、各種書類作成などの仕事です.

 

文章作成

 

記事作成

文章を書くのが苦手という人が多いです。会社案内、社内報、Webサイトなどを作成するとき文章は必要になります。

このような時に、コピーライターが制作物の内容に沿ってインタビューして、文章を作成する仕事です。

 

コンテンツ作成

コンテンツは、主にWebサイトのSEOのために作ります。Webサイトで検索時に上位表示させるためには、上位表示させたいキーワードを含めた良質なコンテンツを作ることが必要になります。コンテンツを作るだけでなく、キーワード選定から書く内容のタイトルも決めるのが仕事です。

 

 

専門性が高い

 

Web制作

Webサイトをつくるには、作るためだけの知識だけではなくデザインのセンスも必要です。

社内にWeb担当者を置いておられる企業は少ないので、多くの場合はアウトソーシングされます。
EC
サイトを運営されておられる企業は、専属のWebデザイナーを置いています。

 

グラフィックデザイン(DTP)

グラフィックのデザインも専門性が高いです。チラシ、DM、看板、社内報やカタログ、お案フレットなどいろんなものを作ることができますが、知識とセンスが必要になります。

 

イラスト制作

描く技術がないとイラストをつくることができません。本格的なイラストもあれば、紙面の空白を埋めるためのカット画、似顔絵などイラストが活躍する場面は多いです。

 

アプリ制作

アプリは、いくつかの言語を使う専門性が必要になります。Webデザイナーと比べてもアプリ開発者の数はすくないため、作るのも高額になります。

 

写真・映像

 

動画撮影

昨今は、カメラの性能が上がっただけではなく、コンパクトになったこともあり、撮影に関わるスタッフの数も少なくてすむようになりました。その分費用も安くできるようになりました。

 

動画編集

動画編集は、ライブ配信をしたり、自信で撮影した動画の編集を依頼する人が増えました。

動画編集ソフトが進化したこともあり、動画編集を死語緒にする人も増えました。その影響で、動画編集も気軽に頼める価格帯になってきています。

 

写真加工

写真加工も技術が必要です。バックの背景を削除する、太めなので細く見せたい、肌通夜を良く見せたいなど、形を変えること、色を変えることも写真加工の知識があればできる仕事です。

 

 

企業と在宅ワーカーを直接つなぐ紹介サイト

 

企業と在宅ワーカーをつなぐサイトはたくさんあります。

 

在宅で仕事をしている人の中には、優秀な人がたくさんおられます。結婚や子育てで仕方なく社会から離れた、家庭の事情でフルタイムで働けなくなった、病気で一線から退いたなどバリバリ働いていたのに、事情により働けなくなった人です。

 

このような事情で働けなくなった人たちも、今ではオンラインで働く時間を自由に選択して働くことができるようになりました。

 

しかし、在宅ワーカーの問題点は、先にも書きましたが、自分の専門分野は豊富な知識を持っていますが、それ以外のことは知識が乏しいです。また、発注する側も自身の専門分野ではないため、どのように伝えればいいのかわかりません。

 

聞く側に豊富な経験があり、発注側の意図を引き出すことができれば、本来の目的に合ったより良いものが出来上がります。

 

オンラインワークスは、企業と在宅ワーカーをつなぐことはしていません。企業側の要望を聞き出すディレクターが仕事をまとめて在宅ワーカー発注します。

 

企業と在宅ワーカーをつなぐサイトを紹介します。

 

クラウドワークス 

クラウドワーククスの魅力はワーカー登録数が多いことです。ですから、依頼したい仕事をサイトに掲載するだけで、仕事をしてくれる在宅ワーカーが見つかります。

 

ココナラ 

ココナラは、仕事のことだけではなく、悩み相談、恋愛相談、占いなど、生活に関することまで、幅広く依頼することができます。

 

ランサーズ 

仕事に関することは、ほとんどのことを頼めるサイトです。ワーカーの能力も様々ですが、優秀なワーカーと縁が持てれば、後々も依頼することができます。

 

 

在宅ワーカーに直接依頼するメリット

 

在宅ワーカーに依頼するメリットは

 

・求人広告を出す必要がない

・人件費がかからない

・急な仕事でも対応してくれる

・重要なことをする時間を確保できる

・社員の生産性を上げることができる

 

などです。

 

求人広告を出す必要がない

 

短期アルバイト募集などの求人広告を出す必要がなくなります。

例えば、オンラインワークスにお問い合わせいただければ、依頼に合った専門ワーカを手配します。

 

3人件費がかからない

 

アルバイトとして雇うわけではないので、時間給で計算して人件費を負担する必要はなくなります。

 

仕事に応じての出来高払いなので、短期とはいえアルバイトを雇うより、費用はかかりません。

 

急な仕事でも対応してくれる

 

急な仕事に対応するために残業をしなければならないこともあると思います。しかも、

夜は、接待で残業もできない時もあります。

 

こんな時、在宅ワーカーに任せれば、残業せずとも仕事に対応できます。

 

重要なことをする時間を確保できる

 

仕事の優先順位を考えると、この仕事は誰かに任せたいということも多々あると思います。

 

こんな時も在宅ワーカーに依頼すると、大切な仕事に時間を割くことができます。

 

社員の生産性を上げることができる

 

資料作りやデザインなどの専門分野の仕事は、社内ですると社員お時間が割かれます。しかも、これらの仕事は生産性がありません。

 

このような仕事は、在宅ワーカーに任せることがおススメです。

 

そうすると社員一人一人が重要な仕事に取組むことができるようになるので生産性がアップします。

 

このように社内でするには、少し厄介な仕事は、在宅ワーカーに依頼すると残業も無くなり、時間が確保できるので、生産性も上がります。

 

 

在宅ワーカーに直接依頼するデメリット

 

メリットがある在宅ワークですが、デメリットもあるので、依頼する前の対策も必要です。

 

・情報の漏洩

・コミュニケーションの不調和

・不測の事態が起こった場合

・スキルの判断ができない

・個人と契約できない

 

などです。

 

情報の漏洩

 

ルール決めやセキュリティー対策が不十分だと問題が起きます。

 

ルールについては、秘密事項を守る契約書を交わしておくこと、セキュリティーに関しては、ウィルスやハッキングできないような対策をするだけでなく、送信する書類にもパスワードをかけるようにしておくと情報漏洩を防ぐことができます。

 

コミュニケーションの不調和

 

在宅ワーカーの場合、自分の専門分野のことは、しっかりとした知識を持っていますが、それ以外のことになると知識が不足している人が多いです。

 

例えば、営業資料を作る場合は、依頼されたことだけをきっちりと仕上げます。

 

資料を使う背景については、まったく見えていませんので、加筆することができません。

 

Webサイトも同様です。

目的に沿った内容を作ることはできますが、御社の仕事の背景が見えないのでもっと突っ込んだ話ができません。

 

そのため後から「こうすればよかった」となりがちです。

 

専門的な仕事は、御社とワーカーの間に入って調整してくれるディレクターがいるとスムーズに事が運びます。

 

不測の事態が起こった場合

 

在宅ワーカーに依頼したときの不測の事態とはどのようなことがあるでしょうか?

 

仕事をする本人が、体調を崩して仕事ができなくなった、子供が発熱して仕事ができなくなった、親族に不幸が起きたなどです。

 

このようなことが起きてしまうと仕事が止まってしまします。

 

オンラインワークスでは、少し複雑な仕事は1人ではやらせません。不測の事態が起きても納期遅れにならないように2人以上のチームで仕事を行いますので、不足の事態が起きても安心です。

 

スキルが判断できない

 

企業が直接在宅ワーカーと繋がる場合は、スキルが判断できないことです。

 

スキルを判断しようと思うと、自分にそれなりの経験がないと判断できません。

 

特に、専門的なことについては、スキルの判断ができません。

 

個人と契約できない

 

企業によっては、フリーランスと契約できない規定があります。このようなことにならないように、依頼する前に社内規定を読み返すことをお勧めします。

 

 

オンラインワークスは、デメリット解決します!

 

直接、在宅ワーカーに依頼する場合、メリット・デメリットはあります。

 

しかし、デメリットを解決できるに越したことはありません。

 

オンラインワークスは、

 

・コミュニケーション不足による仕事のでき映え

・在宅ワーカーのスキル

・納期遅れ

 

の問題を解決することができます。

 

コミュニケーションによる仕事の出来栄え

 

仕事を遂行するうえで、コミュニケーションは大切です。コミュニケーションの取り方で思惑通りのものができてくるし、そうでない場合もあります。

 

仕事を依頼する場合は、依頼者の一方的な意見を受ける側が一方的に聞いているだけではよい仕事はできません。

 

目的を遂行するための情報が聞き取れてこそ、良い仕事ができるというものです。

 

しかし、残念なことに聞き取る側に幅広い知識と聞き取る能力がないと依頼者の本質を聞き出すことができません。

 

在宅ワーカーの場合は、自分の専門分野だけを行ってきている人が多いので、依頼者の本質を聞き出すことができる人は少ないのです。

 

ですから、より質の高い仕事にするのなら、依頼者の本質を聞き出すことができるディレクターが間に入って、仕事を遂行するのに適した在宅ワーカーに仕事を依頼するようにすれば、良い仕事ができるようになります。

 

在宅ワーカーのスキル

 

オンラインワークスに登録している専門ワーカーは、プロが作品を見るだけでなく、作品に関わった人数、それぞれの役割など細かいところまで聞き取って、審査を通過した専門家ばかりです。

 

ですから、スキルは折り紙付きです。

 

 

納期遅れ

 

在宅ワーカーに仕事を依頼したときの一番の心配が納期です。

 

何事もなければ、問題ないのでしょうが、不測の事態が起こった場合が困ります。

 

車の事故や自転車での転倒、ワーカーや子供の発熱、コロナなどウィルス性の病気、親族の不幸など、突然、仕事ができなくなる状態になったときに納期通りに仕事が進まなくなります。

 

オンラインワークスは、仕事に応じて複数人で取り掛かるようにしていますので、不測の事態が起きても、チームスタッフが対応できます。

 

また、一人で仕事をしていて不測の事態が起こったとしても、同党のスキルを持った専門ワーカーが居るので納期が遅れることはありません。

 

まとめ

 

働き方改革、コロナ禍が在宅ワークを加速させました。

 

働き方改革では、残業時間を減らすための仕事の効率化(DX)が求められています。

 

また、人手不足で一人一人の仕事量が増え手が回らなくなっています。

 

これでは、社員一人が重要な仕事に割く時間が少なくなるので、生産性が落ちてしまいます。

 

重要なことに時間をかけて生産性を上げるために、アウトソーシングすることをお勧めします。

 

また、急がば回れではないですが、仕事を依頼するときは、幅広い知識を持ったディレクターと深い話をする方が、本来の目的が果たせる内容のものが出来上がってくることも念頭に置いておいてください。