HP作成,WEBサイト作成

多くの企業がやっていない!ホームページ(Webサイト)を作成する前に調査すること

ホームページを新規で作りたい、リニューアルしたいと思ったときに、何気なく業者を選んで、何気なく依頼していませんか?

 

これでは、自社に役立つホームページを作ることはできません。

 

そのためには、依頼する前に自社で必要な情報を集めて分析し、他社にないオリジナルのホームページを作ることを心がけましょう。

 

 

競合他社をモデリングする

 

自社の競合になる企業のホームページをピックアップします。

 

それぞれにどんなことが掲載されているかを調べます。次に、自社のサービスと同じものと自社ではできないサービスに分け、これに自社にしかできないサービスを加えます。

 

ここまでできるとホームページに掲載するサービスが決まってきます。

 

それは、自社と同じサービスと自社にしかできないサービスになります。

 

モデリングする際、大手起業は外してください。

 

競合他社を徹底的に調べる

 

サービスについては調べましたが、それだけでは競合に勝てるホームページになりません。

 

ホームページは、検索エンジンに引っかかて上位表示されて見てもらわなければ意味がありません。

 

そこで、競合に勝てるための調べ方を紹介します。

 

広告があるかをチェックする

 

広告を出しているかどうかをチェックしましょう。

 

出しているなら、どのようなキーワードで広告を出稿しているのかを調べます。

 

広告があれば、それをクリックした先にLPなど、何らかのサイトが存在するはずです。

 

そのサイト内に使われているキーワードのなりそうな言葉をピックアップし、検索エンジンにそれを入力して広告が表示されるかどうかを調べます。

 

表示されたキーワードをリストにします。

 

競合他社のホームページをチェックする

 

ホームページからキーワードになりそうな言葉をピックアップします。特に、ターゲットが調べそうな言葉は、重要キーワードとして位置づけます。

 

後は、同じように検索エンジンに調べた言葉を入れて、何位に表示されるのかを調べます。

 

コンテンツがある場合は、コンテンツのキーワードも調べてください。コンテンツのキーワードは、タイトルを見ればわかります。

 

同じキーワードで複数の記事が上がっている場合は、そのキーワードは重要キーワードになります。

 

 

ツールを使って競合他社のキーワードを調べる

 

人力でキーワードを調べるとかなりの時間がかかります。

 

そこでお勧めなのが、競合他社のキーワードを調べるツールです。

 

Keywordmap

 

Keywordmapでできることは以下の通りです。

 

自社サイト・競合サイトのSEO調査分析

∟自社・競合の流入キーワードや順位比較が可能です。

コンテンツの設計支援

∟集客につながるコンテンツ設計に必要な要素を定量的に抽出します。

Web広告の調査分析

∟リスティング広告やディスプレイ広告のキーワード・クリエイティブ・LPが調査分析できます。

ユーザーニーズの可視化

∟検索ワードの背景にあるユーザーの悩みや興味関心などを視覚的に理解できます。

 

Dockpit

 

Dockpitは、国内の主要サイトのユーザー数やPV数、訪問者属性、流入元やその検索ワード、よく見られているコンテンツなどをすぐ調査できます。

 

S SEARCH WRITE

 

S SEARCH WRITEは、キーワードごとに競合の順位を自動で取得してくれたり、キーワードごとにSERPsを自動で取得してくることで上位に表示されている競合の記事調査を効率よく行うことができるようになったりと競合の調査、分析が簡単に行えます。

 

 

必要としている人を想像する

 

自社にサービスを必要としている人はどんな人か想像し、仮説を立てます。

 

例えば、オンラインワークスの場合は

 

・困ったときの仕事の依頼先がわからない人

・自分でやる時間がない人

・専門家に頼みたい人

・短期で手伝って欲しい人

 

になります。

 

このように、自社の商品やサービスを必要とする人は、どのような人なのかを列記します。

 

 

ターゲットを分析する

 

ターゲットになる人は、どのような悩や問題を持っているのか仮説を立てます。

 

ターゲットの悩み

ターゲットになる人は、どのような悩みを持っていますか?

 

どんな些細なことでもいいので、ターゲットの悩みを列記してください。

 

オンラインワークスの場合は

・残業残業で仕事がはかどらない

・簡単な事務仕事は誰かにやって欲しい

・デザインなど専門性のあることは自分でできない

・プレゼン資料が一週間後にいるけれど作っている時間がない

・音声データを文字に起こしてほしい

・アンケート結果をデータ入力して欲しい

・ネット広告の運用をできるものが社内にいない

・コンテンツSEOに取組みたいけれど、社内にコンテンツを作れる人がいない

・動画編集をして欲しい

・社内のコミュニケーションをスムーズにしたい

・営業マンの業績を上げたい

・デジタルマーケティングに取組みたいがどうしたらいいのかわからない

 

など、悩みはたくさんあります。

 

あなたのターゲットの悩みを詳細に列記してください。

 

ターゲットの悩みの原因

 

列記した悩みの根本になる原因は何だと思いますか?

 

根本の悩みが解決できれば、あなたの商品を検討してみようとなります。

 

オンラインワークスの場合は、「人手不足のため、忙しい時でも自分でしなければいけない」ことです。

 

あなたのターゲトの場合の根本原因は何でしょうか?

 

根本原因を解決する方法

 

ターゲットの根本原因を解決する方法は、あなたの商品やサービスになります。

 

複数の商品がある場合は、複数の解決法が存在します。

 

解決できればどのようになりますか?

 

解決することができれば、ターゲットはどのようになりますか?

 

オンラインワークスの場合は、「仕事がはかどり、残業がなくなるだけでなく、商談に重要な仕事に取組むことができるようになったので業績が向上した」になります。

 

これが、よく言われるベネフィットです。

 

問題が解決されたときに、ターゲットにもたらされる利益のある未来像です。

 

 

調べたことを基にコピーを作成する

 

上記調べたことを基に、ホームページで使用するコピーを作成します。

 

ターゲットに悩みやそれを解決する方法、得られる未来像などを含めてコピーを作成します。

 

これらを網羅することにより、訪れてくれたターゲットは共感してくれ、資料請求などの次のアクションを取ってくれます。

 

競合他社の調査したキーワードで上位表示させる

 

冒頭で紹介したように、ホームページは検索されて見られることが大切です。

 

そのためには、競合他社のキーワードよりも上位に表示されるようにしなければいけません。

 

上位に表示させるには、競合他社よりも高い入札額で広告を出すか、良質なコンテンツを作成するしか方法はありません。

 

これができなければ、競合他社に勝つことはできません。

 

コンテンツを作成してキーワード検索時に上位表示させたい方は、以下もお読みください。

 

検索時上位表示させたい!それには良質なコンテンツを作成することです!

 

まとめ

 

ホームページ作成前に、競合の調査をするというようなことは、多くの企業が行っていません。

 

しかし、競合他社よりも一歩抜きんでようと思えば調査は欠かせません。調査することは、競合のホームページの内容を調べて、自社のホームページを充実させることです。

 

それに加えて、キーワードです。

 

調査したキーワードで競合他社よりも上位に表示させるようにすることです。そのための施策としては、広告を競合他社よりも高い金額に設定することとキーワードを使った良質なコンテンツを作成することです。