チラシ集客のルールについて

もしあなたが、チラシ集客にお困りなら、
まずは、以下のチラシのルールをごらんください。
10年研究してますので、必ず、お役に立てる部分があると思います。
もし下記の動画のなかで、ご不明な点がある場合は、
マインドアイ椋本までお問い合わせください。
お答えさせていただきます。

第1回反応のあるチラシとは?

作る側が伝えたい内容を掲載するのではなく、お客さんが欲しい情報を掲載する。これだけでチラシの反応が上がります。

ただ、それだけでは足りなくて、お客さんに信頼してもらうための情報が必要となります。(5分)

第2回売れるチラシにするための準備

お客さんに信頼してもらうための情報は、7つあります。USP、お客さんにもたらす結果、商品の中身、オファーなどがあります。USPでは、ドミノピザが有名です。

商品を買ってくれたお客さんに「どうして数あるお店や会社のなかで、うちから買ってくれたのですか?」と聞いてみてください。そば屋さんのお客さんが「近いから頼んでいる」という声が返ってきたら、USPは「近い」ということですので、地域戦略にチカラを入れることが必要と分かります。(10分)

お客さんにもたらす結果とは、どんなことか。ダイエット、健康器具、ビフォー・アフター。若いころに着ていた服が着られるようになりました。

ウソに見えるお客様の声は意味がない。ウソがないお客様の声の獲得方法や、その簡単な利用方法は、こんなものがあります。(11分)

第3回ターゲットの設定をきっちりおこなう。

お客のタイプは、大きく分けて3つに分かれます。なぜなら、この時代に、チラシを打つことをを考えると、ターゲットを明確にすることが必要だからです。

今スグ客、おためし客、見込み客の3つは、業種やどんなビジネスにするかによって、求めるお客のタイプが異なってきます。

趣味・嗜好・ライフスタイルの細分化が促進されてきていますので、以前のマーケティングよりもターゲットの設定も細分化することが必要になってきています。(6分)

第4回キャッチコピーの作り方

よくある、ありふれたキャッチコピーではなく、ターゲットが反応してしまう、強いキャッチコピーの具体的な作り方を説明します。

ご存知かもしれませんが、キャッチコピーは非常に大事です。かなり真剣に、何時間も考えてもらわなくてはなりません。その強い気持ちが集客にバツグンの効果を発揮します。(6分)

書き上げたフレーズを眺めてみてください。なんとなく、ターゲットに対するイメージが生まれてきませんか?生まれましたら、ターゲットに訴えたい商品のメリットを5つ挙げてください。

それらのフレーズに「だから」をつけて、さらに5つ考えてください。5×5=25、全部で25の商品のメリットが生まれます。・・・・大変だと思います。数日、数週間かかることもあります。しかし、この作業を乗り越えることが、とほうもない財産となります。必ず乗り越えてください。(6分)

お客さんが感じるメリットを上位5つを挙げてください。上位5つに何を持ってくるか、それが感性です。この作業が終わりましたら、キャッチコピーは完成です。練習すれば、数時間でできるようになります。苦しいと思います。でもがんばってください。(4分)

第5回チラシを作る際の業者えらび

これまでの動画の作業で、チラシ作成の準備は整ったと思います。そこで、業者に頼む際にどうするか?ということになると思います。

ここで、どの業者に頼むか?ということが非常に大事になってきます。印刷会社、デザイン会社、広告代理店は、それぞれメリット・デメリットがあります。(3分)

デザイン会社は、きれいなデザインで制作しますが、はたしてきれいなデザインで集客できるでしょうか? 集客する7つの項目を覚えておられますか? 実は、これら2、3の項目を入れるだけで、デザインがきれいなチラシには、なっていかないのです。文字が多いチラシになるのです。(4分)

広告代理店は、得意分野が多岐にわたります。イベントを企画して、雑誌、新聞、ラジオ、テレビを使っていくのには、非常に得意です。しかい、予算も、生半可な予算ではありません。仮に、中小企業のあなたが、小さなイベントを組んでみようかという時には、非常に難しいところがあります。

つまり、広告会社に頼む時にも、「チラシが得意です」という会社に頼むようにしてください。ここで私からのアドバイスがあります。それは・・・(4分)

第6回チラシの配布方法について

配布方法は、3つあります。その配布方法の選定も、ターゲットや配布地域を見極めて、配布方法を検討する必要があります。

地域やターゲットを見極めるには、インターネットで検索するのが最も簡単です。地域を調べることで、配布方法を効果的におこなえるようになりますので、印刷枚数を極力抑えることができます。(6分)

配布エリア全域に配布することは、一番効果的であるか?と言いますと、そうでもないことが多いのです。配布エリアは、まず分割します。分割したエリアに、毎週、集中的にチラシを配布するようにします。

すると、認知度が上がります。認知度を上げることによって、口コミが発生し、効果的な集客が期待できます。毎週、配布するチラシにストーリーを持たせることによって、新規客獲得に非常に効果を発揮します。(7分)

住宅会社を例にとって、チラシの配布を考えてみます。

完成して新規客が20組ほど来ました。16週入れると安心感が生まれます。最終的には3組の成約がありました。配布するエリアは、狭いエリアで結構です。(6分)

街頭配布について大事なことは3つあります。この3つは、非常に大事なことなのです。ばくぜんと目的があったとしても、効果が出ないのが街頭配布なのです。目的がはっきりすると、効果が変わってきます。(9分)

代表取締役 椋本 庄治

集客コンサルタントとして、
みなさんの集客立案をご支援いたします。

マインドアイのメールマガジン登録

ニュースレター利用のマーケティングコンサルタント

ニュースレター作成サポートブログ

チラシ集客できる!ブログはチラシ集客の処方箋です。

マーケティング集客のヒント

マインドアイのチラシ研究室

地域NO.1をめざす!小エリア攻略法

小エリア攻略法88.7%の売上が上がる画期的なテキスト地域一番店になるまでの方法、なってからの維持の仕方など、具体的な方法を掲載しています。

マインドアイのメールマガジン登録

ニュースレター利用のマーケティングコンサルタント